車買取 ティーバイティー cm|今回は乗換ではなくて

長年使用した自動車を手放す時というのはいずれきます。とても悲しい気分になり、次に来る車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて車の台数を減らすことでコストを減らそうというのが目標だったので、クルマの買い取り専門店に見積もり査定をお願いしました。新車で購入し、49か月目ですから、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、年間で言えば1万くらいなので、特に多いわけでもありませんし、特にマイナス要因はありません。自動車の査定は1社では不安なので2社にお願いし、全て出張査定でお願いしています。出張査定でも無料でした。車を買い取ってもらうなら、高額の査定をしてくれるところに売りたいと思うと思います。ですが素人には自分が乗っている自動車の買い取り相場が分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれの査定見積もりを比較してみようと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちノート型のパソコンを使って、いくつか入力してからネット通信していました。査定結果は70万円でした。こちらの希望価格が80万だったので、そのようにハッキリと伝えたら本社の許可がいるので1日お待ちくださいとのこと。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、66万円という査定額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではかなり厳しいと白旗を挙げられてしまいます。その直後に先に査定してくれたスタッフさんから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そちらで買ってもらうことにしました。

車買取 ティーバイティー cm|気にしていたあの部分も

これまで乗っていたクルマは、ボンネットの一部分が白い感じがしました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白い部分が際立ってしまいやけにボロ車に見えてしまうのです。一応洗車をして査定に持って行った所、やはりボンネットの白さが査定額に影響を与えるという事を聞きました。

ならばとカーショップに行って目立っている白い部分を戻す事は出来ないか見ていた所、ボディに艶が出るような商品を店員さんに教えてもらいました。早速それを気になる部分に塗った所、ボディはとてもきれいになりました。親父からは買い替えたのかと聞かれたほどです。

再び買い取りのための出張査定見積もりをやったところ、前回とは見違えるくらいアップです。古い車だったのでどんな結果になるのか心配でしたが、想像以上に高く見てもらえたので嬉しかったです。気にしていたあの部分も影響はなかったようです。白っぽかったあの部分も周りに同化できているし、これまでよりもそれ以上にピカピカにすることができたのが嬉しかったです。

車買い取りを依頼する時には、車を掃除するなど綺麗にしておかないといけませんね。ボディの輝きが気になるときは、ワックスで磨いておくだけでも相場以上の査定になるかもしれません。査定額のアップとつややかにするためのワックスなどの費用とを考えてみて、オトクになるようであればやってみるのもアリです。私の場合は1000円弱の出費によって、査定額が数万変わるんですからね。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/10/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.