車買い取り 車買取相場|経費節減をするというのが

今まで使わせてもらった車を手放す日はいつか来ます。とても悲しい気分になり、次に来る車が楽しみでもありという気分でしょう。たまに使っていた軽自動車を手放す事になり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らして経費節減をするというのが目標だったので、中古車買い取り店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。新車で購入しましたので、49か月目ですから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車でもありませんし、多いわけでもありません。自動車の査定は2つの業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。もちろん査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも査定金額の高い会社に売りたいですよね。ただ素人の私にはこの車の査定相場がわかりませんので、今回2つの会社にお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみることにしました。

最初に来てもらった会社は、査定をする方が車を一通り確認したのち持ってきたパソコンで、いくつか入力してからデータ通信されていました。査定結果は70万円でした。希望していた額は80万以上でしたので、それを伝えると本社の許可がいるので1日お待ちくださいとのこと。もう1社の方も来て査定していってくれましたが、68万円という金額を提示されました。別会社の査定額が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。その後すぐに先に査定してくれたスタッフさんから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、OKを出しました。

車買い取り 車買取相場|やはりボンネットのあの部分が

これまで乗っていたクルマは、ボンネットのところがなぜか白っぽくなっていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白い部分が際立ってしまいやけにボロ車に感じてしまいます。洗車も一応しましたが査定してもらいに伺ったところ、やはりボンネットのあの部分が査定価格に影響すると聞きました。

カー用品があるお店に行って何とかボディの色を戻せるものはないかなと探していたら、手軽に艶が出るような商品を店員さんに教えてもらいました。気になっていたあの部分に塗ったところ、とてもピカピカになったのです。隣のおじさんには買い替えたのかと言われた程です。

もう一回査定を受けた所、思いのほか高額査定となりました。古いものでもありましたからどうなるのかと思っていましたが、想像以上に高く評価されたので良かったです。気にしていたあの部分も何ら指摘される事はありませんでした。白くなりかけていたところも前の色に戻すこともできたし、より一層つややかにする事が出来たから良かったのかなと思います。

クルマを売る前には、できるだけボディをきれいに見えるようにしておきましょう。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスなどを利用して綺麗にすると査定額に変化が出る事も有ります。査定額のアップとピカピカにするためのグッズ代と手間を比較するなどして、お得そうだったら手入れするのも良いと思いませんか。1000円程度のワックスで、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.