車買い取り 中古車|担当者がクルマの状況を確認してから

長い年月使用した車を手放すことになる日は必ず来ます。寂しい気持ちになり、次に乗る車が楽しみでもありという気分でしょう。2台目として所有していた自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく所有台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的ともいえますので、買い取り専門店にだけ見積もり査定をお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、過走行車扱いにはなるはずも無く、普通の走行距離だと思います。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。もちろん査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高い査定会社に売りたいですよね。でも素人にはこの車の査定相場がわかりませんので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、見積もりを出してもらい比べてみたいなと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、担当者がクルマの状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、色々と入力しデータ通信されていました。結果は71万円と言われました。私の希望は80万くらいだったので、そのようにハッキリと伝えたら社長に聞いてみるのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。他業者では70万あったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してもらった業者から、78万なら出せますと連絡がありましたので、その業者に売ることにしました。

車買い取り 中古車|できるだけボディを

前に乗っていたのは、ボンネットのところが白い感じがしました。濃い色のボディの車だったのですが、その白い部分が際立ってしまいオンボロ車のように見えていました。洗車も一応しましたが買い取り査定してもらうと、やはりボンネットの白さが買い取り査定額に響いてしまうそうです。

ならばとカーショップに行ってボンネットの白色を戻す方法はないか見ていたら、簡単に艶を出す事が出来る商品を店員さんに教えてもらいました。気になっていたあの部分に塗ったところ、艶が出ていい感じになりました。友人にはいくらかかったと聞かれたほどです。

もう一回出張査定見積もりをやったところ、前回よりも査定額がアップしました。古い車だったのでどうなるのか不安でしたが、想像以上に高く評価されたので良かったです。勿論ボディの色に関しては影響はなかったようです。白くなってしまっていたところも周りに同化できているし、より一層綺麗にすることが出来ました。

車買い取りを利用する時は、できるだけボディを綺麗にしておきたいですね。ボディの艶がないときなどは、ワックスなどを利用して綺麗にすると査定額に変化が出る事も有ります。査定額のアップと輝きを出すためのグッズ代と手間を比較してみて、オトクになるようであればきれいにするのも良いでしょう。私は1000円の投資で、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.