車買い取りラビット|それを知った私は

乗り続けてきたマイカーを、車検が到来する前に思い切って手放すことにしました。マンネリ化もあって、新しいパートナーがほしいという思いが湧いてきたのです。

これまでとは違い、最近の流行は低燃費車ですからガソリン代の節約にもなります。出来れば高値で買い取って欲しい、心の中でそう考えていたものですから、評判の良い買い取り専門業者を探していました。すると買い取り比較できるサイトを活用した後で、クルマの売却先を決めているほとんどの方が、手放した金額に納得されているようなんです。

現在までは、近くの1社に、買い取り査定をしてもらうというのが一般的でした。しかしそれだけでは、算出された査定金額というものが適正なのかどうか、車業界にいない私には判断できません。でも比較サイトを活用すれば、登録されている業者の中でも一番高い金額を提示してくれた業者さんに買い取りの依頼ができるといった効果があるのです。

それを知った私は、車種やボディカラーなど入力して複数業者に査定を依頼してみたところ、腰が抜けるような高額査定となっていたので、ビックリするしかありません。気が変わらないうちに連絡を入れ交渉したところ、簡単見積もりで出た金額とほとんど同じで買い取ってもらえることになりました。比較サイトを使ってなければ、そう思っただけでも冷や汗が出るくらいです。

このように、想像していなかった金額で買い取りしてもらえたので満足です。売却となると、不安感がある方もおられると思いますので、まずは気軽に相場を調べてみるような気持ちで始めてみるといいかなと思います。

車買い取りラビット|ネットでは68万円という

新モデルの登場と時期を合わせて、旧型の愛車を売却しようと考えていました。当初は購入したディーラーに下取ってもらう予定でしたが、想像以上に安い査定額となり、買い取り業者と比べると15万程度も離れた額になるところでした。

これまで下取りだけしかやっていませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その価格差に驚いたものです。こういった現実を知った以上下取りはしないことにして、買い取り専門店に売ることにしたのです。クルマ買い取りのサイトで比較してみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。7社に査定してもらいましたが、30~76万まで金額に上下が大きかったです。当初は最高額の業者さんに売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトでは少なくとも3社とは立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてありました。

3社での見積もりが必要な理由は、目視による査定をしてもらうことで、はっきりした査定額が判るからですね。ネット上でも概算額はわかりますが、目安的なものであり確定額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、来ていただきました。

売却手続きまで含めて約1時間と聞かされていましたので、土日に集中的に査定見積もりをしてもらいました。査定の結果、サイトで見た査定額2位の買い取り業者が1位の業者さんを上回り、一番高い金額を出してきました。ネットでは68万円という査定金額だったのですが、5万以上高い業者が存在したことを匂わしてみると、78万になったのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.