車売却 譲渡証明書|この車の査定相場がわかりませんので

長い年月使用した車を手放さないといけない時があります。なんだか切ない気分にもなり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーだった軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて所有する車の台数を減らして経費の節約を図るというのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

新車で買ったので、最初の車検を通してから1年経過、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。自動車の査定は2業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料は無料です。

誰でも車を売るとなれば、少しでも高い査定会社に売りたいと思うと思います。ただ素人の私にはこの車の査定相場がわかりませんので、2社にお願いすることにし、見積もりを出してもらい比べてみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力し送信していました。査定価格は71万でした。こちらの希望価格が80万だったので、それを伝えると会社の承認がいるので明日返事するとのことでした。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、66万円という査定額でした。他業者では70万あったこと、希望が80万円である事を伝えると、かなり厳しい金額だと撤退されてしまいました。その直後にタイミングよく最初の査定をしてくれた人から、78万でどう?と連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

車売却 譲渡証明書|どうなるのかと思っていましたが

以前乗っていた車は、ボンネットの目立つ部分がなぜか白くなっていました。ボディの色は暗めの色でしたが、その白くなっているのが影響してボロボロの中古車に見えてしまいます。一応洗車をして査定をやってもらうと、やはりボンネットの白さが査定価格に影響があるようです。

カー用品があるお店に行って何とかボディの色を戻せるものはないかなと探していたら、ボディの艶を出すようなアイテムを見つけました。ボンネットのあの部分にやってみたところ、驚くほどキレイになりました。親父からは買い替えたのかと聞かれたほどです。

再び買い取りのための出張査定見積もりをやったところ、思いのほか高額査定となりました。古めの車なのでどうなるのかと思っていましたが、想像以上に高く査定してくれたのでよかったです。勿論ボディの色に関しては影響はなかったようです。白く感じたボンネットも周りの色に馴染ませられたし、より一層艶やかな感じにすることができたのが何よりよかったです。

クルマを売る前には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておかないといけませんね。ボディに白っぽさを感じたら、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定額が上がるかもしれません。査定額がアップすることと艶を出すための手間とアイテムの費用とを考えてみて、お得と感じたらきれいにするのも良いでしょう。1000円程度のワックスで、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/28 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.