車売却 キャンセル 違約金|新車で買ったので

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。寂しい気持ちになり、でも次の車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーだった軽自動車を手放す事になり、乗り換えるのではなく所有台数を抑えて経費を抑えておこうというのが目的だったので、買い取り業者にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

新車で買ったので、車検を1回と1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、走行距離としては、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。出張査定でも無料でした。

誰でも車を売るとなれば、少しでも査定金額の高い会社に売りたいですよね。ただ素人の私には今の車の相場がまったく判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較することにしました。

最初に来てもらった会社は、査定をする方が車を一通り確認したのちノートパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力しネット通信していました。査定結果は70万円でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのように伝えてみると会社の承認がいるので明日返事するとのことでした。翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、68万円という金額を提示されました。昨日の査定が70万円だった事、希望額は80万と言ってみましたが、なかなか難しそうな感じで苦笑いしていました。その直後にタイミングよく先に査定してくれたスタッフさんから、78万円でどうですかと連絡が来たので、そちらで買ってもらうことにしました。

車売却 キャンセル 違約金|もしも売るつもりならば

買い取りしてもらったクルマは少し前に中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたかったのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで質の良い中古車を探していたところ、遠方にある知り合いの中古車販売店にあったのです。その後ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々とトラブルに見舞われ、半年少々で買い替えを考えました。まずは近隣の中古車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、よく頑張っても20万が上限とのことです。

私は半年前にその車を総額70万で買いました。この状況を端的に言えば、半年間で約50万も財産が目減りしたことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、友人が売っていた人気の買い取り業者に査定してもらいました。査定見積もりしてもらった結果は、26万となりましたので買い取っていただきました。わずか2社の比較でしたが6万の差が生まれるようです。

それでも44万円目減りしたことには変わりないのですが、2社目で査定してもらってなければ、それ以上に安く売却することになったかもと思うと助けられたとも言えます。

そのまま引き取ってもらうと思っていましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを引き取るような感じではありませんでした。そういったこともあって、後日来てくれた際には輸送料として減額されてしまいました。もしも売るつもりならば、最初に言っておくべきだったと後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.