車売却に必要な書類|車をもっていくような

売却した車は少し前に中古で買った車でした。以前から外国産の車に乗りたいと思っていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そのため良質の中古車を探していたところ、遠方にある知り合いの中古自動車販売店で見つけました。

しかしその後、乗って楽しかったのは少々、次々とトラブルに見舞われ、とうとう半年で手放すことになりました。職場の近くの中古車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、よく頑張っても20万円が相場だそうです。

このクルマを私は6カ月前に約70万で購入したのです。これを計算すると、半年間で約50万も資産が減ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった知名度のある買い取り店に比較のために査定をお願いしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円で買い取ってもらうことができました。わずか2社の比較でしたが6万もの差が出たのです。

それでも44万円目減りしたことには違いないですし、別の業者で査定をしなければ、6万円低い額で売ることになっていたかもしれないのですから助けられたとも言えます。

そのまま買い取ってもらうつもりだったのですが、業者さんは査定のみと考えていたようで、車をもっていくような感じではありませんでした。ですので、後日来られたときには別途輸送費がかかってしまいました。もし本気で売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと反省しています。次回があれば、そういったことにも気を付けようと思います。

車売却に必要な書類|ボディの艶がないときなどは

これまで乗っていたクルマは、ボンネットのところが薄白く見えていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白さが目立ってオンボロ車のように見えていました。洗車も一応しましたが買い取り査定してもらうと、ボンネットのところの色が見積もり査定額に影響があると言われました。

カーショップのようなところに行ってボディの色を戻せないか考えていたところ、手軽に艶が出るような商品を見つけました。すぐにそれを使ってみたところ、驚くほどキレイになりました。それを見た人から買い替えたのかと言われた程です。

再び買い取りのための無料査定を受けたところ、前回よりも金額がアップしました。古めの車なのでどんな結果になるのか心配でしたが、思ったよりも高く査定してくれたのでよかったです。ボディの色なども何ら指摘される事はありませんでした。白く感じたボンネットも前の色に戻すこともできたし、今まで以上につややかにする事ができたのが嬉しかったです。

クルマの査定を受ける前には、ボディを磨いておくなどキレイにしておくとよいでしょう。ボディの艶がないときなどは、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定額が上がるかもしれません。査定額がアップすることと輝きを出すためのグッズ代と手間を比較するなどして、お得そうだったらキレイにするのもありですね。私の場合は1000円弱の出費によって、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.