車売る 比較|当社ではかなり厳しいと

これまで使っていた自動車を売ってしまうときが来ます。もの悲しい気分にもなり、だけども次に乗ることになる車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、買い替えせずに台数をへらしてコストダウンを図るのが目的だったので、クルマの買い取り専門店に見積もりを出してもらうようにしました。

新車で買ったので、最初の車検を通してから1年経過、つまり4年経過ですね。走行距離は50,000キロ弱、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、特にマイナス要因はありません。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。このような査定料は無料でした。

車を買い取ってもらうなら、少しでも査定金額の高い会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが素人には乗っている車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、見積もりを出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからタブレット端末で、色々と入力し通信をしていたようです。結果は71万円と言われました。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それをスタッフさんに伝えると上司に相談するので1日お待ちくださいとのこと。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、68万円という金額を提示されました。別会社の査定額が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、当社ではかなり厳しいとバンザイされてしまいました。その直後に最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、その業者に売ることにしました。

車売る 比較|海外か国内かもわかりませんが

珍しいクルマを売りに出したら、想像以上の価格で買ってもらえました。相場よりもかなり高く買ってもらえたのです。馴染みの深い車や人気のある車が高いものと思っていました。ネットで調べたところ、そのページに書かれていた内容ではその通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれやすいとありました。これ以外のサイトには、みんなが知っているクルマや人気車種が高値で買い取ってもらえるとありました。但しその理由は海外向けとのことでした。

国産メーカーの自動車は海外で特に高い需要があります。日本人の特徴でもある、物を大事に扱うといったこともその理由のようです。日本人の私は、日本の車は世界レベル以上と信頼を置いています。

今回売った車も国産の車ですが、この車も海外で使われるのかもと思ってみるとドキドキした感じになりました。もちろんそれが国内で活かされるのなら嬉しいですね。

車を売却する時は、乗ってきた車を手放す悲しさもありますが、買い取り価格のことや次の乗り手を思い浮かべるのも好きです。もしかなうのなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな場所で毎日いるのかなど、考えるとワクワクします。

海外か国内かもわかりませんが、そこがどこであれ大切な記憶がぶり返してきます。クルマを手離すときには中古車を買いたいとする次のオーナーもいて、売りと買いのバランスが取れているんでしょうね。

豊かな日本において、これからもまだ使える車が求めている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.