車売る 比較はクルサテsatei-car|査定見積もりの結果

新型の登場とともに、今のクルマを乗換のため売却しようと思っていました。初めは購入したディーラーで下取ってもらう予定でしたが、思いのほか安かったし、買取専門店と比較すると15万円も安い金額になりそうでした。

これまでもディーラーの下取りしか利用しようとも思いませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用してみて、その金額差におどろきました。それにより下取りはやめる方向とし、自動車買い取り店に売却しました。クルマ買い取りのサイトで比較検討したところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。複数の業者で査定を受けましたが、31万円から76万円まで査定額にバラつきがありました。初めは一番高い額の買い取り業者に売却することを考えましたが、買い取りサイトを参照すると複数の業者に出張見積りを受けたほうが良いと書いてありました。

複数の業者に査定してもらう理由は、目視による査定をしてもらうことで、はっきりした査定額が判ります。ネット上では概算は判りますが、参考的なものであり詳細額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらうことにしました。出張査定の時間は1時間位らしいので、集中的に出来る日に査定見積もりをしてもらいました。査定見積もりの結果、概算査定額2位の査定士さんが1位の業者を追い抜き、最高金額を出してくれました。ネットでは68万円という査定金額だったのですが、76万円の業者がいることを伝えると、78万円まで増額してくれたのです。

車売る 比較はクルサテsatei-car|珍しい自動車は高値が付きやすく

珍しいクルマを買い取りに出したら、予想以上の高値で買い取ってもらえました。思った以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。馴染みの深い車や人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで調べてみたところ、ある情報では想像できなかったですが、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。しかしある情報では予測通り、みんなが知っているクルマや人気の車種が高く売却できるとあったのです。でも条件も書いてあって海外に向けての話のようでした。

国産メーカーの自動車は海外では大切に扱われます。日本人が使用していたからもあり、大切に扱う習慣も関係していると思います。私は日本で生まれましたが、日本の自動車は世界レベルと思っています。

今回の買い取り依頼した車も日本のメーカーですが、想像すると外国に持って行くのかもと思ってみるとドキドキした気持ちになります。もちろんそれが国内で使ってもらえるのはいいですね。

車買い取りの際は、そのクルマを手放す寂しさもあるのですが、高値の買い取りや次の乗り手を思い浮かべる楽しさなどがあります。もしかなうのなら誰が使っているのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな場所でスタンバイしているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

どこにあるのかわかりませんが、そこがどこであれ大切な記憶がぶり返してきます。クルマを手離すときには中古車を買いたいと思っている人がいて、買いと売りがバランスよくなっているのでしょう。素敵な日本で、これからも上質な車が求めている人に渡っていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.