車売る 査定比較クルサテ|2社で査定しなかったら

今回売ったクルマなのですが昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に憧れていたのですが、新車はとても無理でした。そこで良い中古車はないかと探しまくっていたら、自宅から少し離れた町の中古車販売店で良い車を見つけました。

しかし、喜んで乗っていたのですが、トラブルが次々発生し、とうとう半年で売却することにしました。近くにあるクルマ買い取り専門店に査定を依頼したところ、よく頑張っても相場以下の20万円らしいです。

私はこの車を半年前に70万円で購入しました。これを計算すると、半年50万程度も失ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった知名度のある買い取り店に査定してもらいました。ここでの査定結果は、26万円までアップし買い取っていただきました。複数業者の査定では6万もの差が出たのです。

しかし44万円のマイナスには違いないですし、2社で査定しなかったら、6万円損した感じで売ってしまうことになっていたかもしれないのですから助かりました。

このまま買い取りしてもらうつもりでしたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを持って帰るような考えではなかったようです。ですので、後日取りに来てもらうため輸送賃がかかってしまいました。もし本気で買い取りをしてもらうつもりなら、最初から言っておけばよかったと少し後悔しています。今度買い取ってもらう時は、その点にも注意したいと思います。

車売る 査定比較クルサテ|できるのならどなたに譲られたのか知りたいです

珍しい車を買い取りに出したら、かなりの高額で買い取ってくれました。相場よりもかなり高く売却できました。馴染みの深い車や人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで調べたところ、そこの情報ではその予測に反した通りで、珍しいクルマは高く売却しやすいとありました。これ以外のサイトには、売れている自動車や人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるそうです。それは国内ではなく海外輸出向けみたいですね。国産メーカーの自動車は海外では人気が高いです。日本人が使っていたという、物を大切に取り扱う習慣も影響しているのでしょう。日本人の私は、日本の中古車は世界一と絶大な信頼を置いています。

今回売った車も国産車ですが、もしかすると海外で使われるのかもしれないなと妄想するとドキドキした気持ちになります。それが国内であっても使ってもらえるのはいいですね。

車を売却する時は、乗り慣れた車を失う悲しさもありますが、高く売れないかや新たな乗り手を思い浮かべるのも好きです。できるのならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

もしかすると海外かもしれず、どこであっても思い出が蘇る気分です。自動車を手放すときには複数の車を売りたいと思っている人がいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているのでしょう。

豊かな日本において、今後も良質な中古車が求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.