車売る 手続き|見積もりを出してもらい

これまで使っていた自動車を売ってしまうときが来ます。なんだか切ない気分にもなり、だけども次に乗ることになる車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた自動車を売却することになり、買い替えせずに所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目的ともいえますので、買い取り専門店にだけ見積もり査定をお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、49か月目ですから、だいたい4年ということです。走った距離は約4万キロ、年1万キロペースなので、走行距離としては、平均的だと思います。自動車の査定は2業者にお願いし、出張査定してもらいました。査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいものです。ただ素人の私には乗っている車の相場がまったく判らないので、今回2つの会社にお願いし、見積もりを出してもらい比べてみたいなと思いました。

先に来た買い取り専門店は、査定をする方が車を一通り確認したのちノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していってデータ通信しています。結果は71万円と言われました。希望していた額は80万以上でしたので、その旨を伝えると本社の許可がいるので1日お待ちくださいとのこと。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。他業者では70万あったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、うちではその額は難しいとバンザイされてしまいました。その後すぐに先に査定してもらった業者から、78万でどう?と連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

車売る 手続き|売却できるとあったのです

珍車を買い取り業者に出したところ、かなりの高額で買い取ってくれました。予想していた以上にかなり高く売却できました。よく見かける車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで確認したところ、そこの情報ではその予測に反した通りで、珍しいクルマは高く売却しやすいとありました。他の情報では、売れている自動車や人気の車が高値で売却できるとあったのです。それは国内ではなく特に外国においての話でした。

日本の自動車は海外では大切に扱われます。日本人が使用していたからもあり、物を大事に扱うといったことも影響しているのでしょう。私の考えも、日本の中古車は世界一と思っています。

今回の買い取り依頼した車も日本製の車ですが、もしかすると外国に持って行くのかもと思うとドキドキした感じになりました。もちろんそれが国内で使ってもらえるのはいいですね。

車を売るときは、乗り慣れた車を手放す寂しさもあるのですが、買い取り額がいくらになるのかやこの車を次に乗る人を思い浮かべる楽しさなどがあります。可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どこにいるのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかして外国かもしれませんが、どこにせよ思い出が蘇る気分です。クルマを引き渡すときにはクルマを買いたいと思うお客さんがいて、買いと売りがバランスよくなっているのでしょう。この日本において、これからも質の良いクルマたちが求めている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.