車売る 必要なもの|経費の節約を図るというのが

これまで使っていた自動車を手放すことになる日は必ず来ます。とても悲しい気分になり、でも次の車が楽しみという気分でもあるでしょう。たまに使っていた軽自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに所有台数を減らして経費の節約を図るというのが目的でもあったので、買い取り業者にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、つまり4年経過ですね。走行距離はだいたい40000キロ、1年で1万キロ走行ですから、特に多いわけでもありませんし、多いわけでもありません。車の買い取り見積もりは1社では不安なので2社にお願いし、全て出張査定でお願いしています。査定料はもちろん無料です。

誰でも車を売るとなれば、少しでも査定金額の高い会社に売却したいものです。ですが素人には自分が乗っている自動車の相場というのが判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、担当者がクルマの状況を確認してからノート型のパソコンを使って、色々と入力し送信していました。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、そのように伝えてみると社長に聞いてみるので1日お待ちくださいとのこと。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、69万円が上限と言われました。別会社の査定額が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、うちではその額は難しいとバンザイされてしまいました。その直後に最初に査定をお願いした会社から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

車売る 必要なもの|助けられたとも言えます

今回車買い取りをしてもらった車は昨年末に中古で買ったクルマです。昔からスポーツタイプの自動車に憧れていたのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで良さげな中古を探していましたが、家から離れたところの中古車販売店で良い車を見つけました。

しかし、喜びもつかの間、トラブルが次々発生し、とうとう半年で売ってしまうことになりました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、多めに見積もっても20万が上限とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。これを計算すると、半年間で約50万も財産が目減りしたことになります。これは満足いくわけもないので、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り専門店に査定の依頼をしました。ここでの査定結果は、26万円となり引き取ってもらえました。比較した査定をすることで6万の価格差がありました。

それでも44万円減ったことには違いないですし、2社で査定しなかったら、さらに6万以上安く売ることになっていたかもしれないのですから助けられたとも言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりでありましたが、査定のみのつもりだったみたいで、自動車を運ぶような感じではありませんでした。そういったこともあって、後日の引き取り時に輸送料として減額されてしまいました。もし本当に売るつもりならば、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.