車売る 委任状|海外で活躍するのかもと思うと

あまり出回っていない珍車を売却したら、なぜか高額査定となり買い取ってもらえました。思った以上でかなり高く買ってもらえたのです。よく見かける車や人気の車が高値と思っていたのです。ネットでチェックしたところ、そのページの情報では想像できなかったですが、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれやすいとありました。他の情報では、馴染みの深い車や人気車種が高値で売却できるとあったのです。ただそれは特に外国においての話でした。

日本の自動車は海外で特に高い需要があります。日本人が乗っていたという事で、物を大事に扱うといったことも影響しているようです。私が思うに、日本の自動車は世界レベルと信頼を置いています。

今回売った車も国産車ですが、もしかすると海外で活躍するのかもと思うとドキドキした感じになりました。それが国内であっても利用されるのであればうれしいですね。

自動車を買い取ってもらうときは、慣れ親しんだクルマを手放す悲しさもありますが、高値の買い取りや次の乗り手を思い浮かべる楽しさなどがあります。もしも可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っているのか、何処に留まっているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

外国なのかもしれませんが、どこにせよ子供の旅立ちのような感じです。クルマを手離すときには中古車を買いたいとするお客さんもいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているんだなと思いました。

平和な日本では、これからもまだ使える車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々思いを巡らせてみました。

車売る 委任状|2社で査定しなかったら

売却した車は少し前に中古で買った車でした。以前から外国産の車に乗ってみたいと思いましたが、新車はとても無理でした。そのため中古で良質な車を探していたところ、遠方にある知り合いの中古車販売店にあったのです。しかしその後、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々とトラブルに見舞われ、とうとう半年で売却することにしました。近くにある車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい20万とのことです。

私は半年前にその車を総額70万で買いました。この状況を端的に言えば、半年間で約50万も資産が減ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、友人が売っていた人気の買い取り業者に無料査定を依頼しました。査定をしてもらった結果、26万となりましたので買い取ってもらえました。複数業者の査定では6万もの差が出たのです。

それでも44万減った事実に変わりないのですが、2社で査定しなかったら、それ以上に安く売却するはめになったかもと思うと助かります。

このまま買い取りしてもらうつもりでありましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、車を持って行く段取りはされていませんでした。そのため、後日来られたときには別途輸送費がかかってしまいました。本当に売却するつもりならば、最初から言っておけばよかったと反省しています。次回があれば、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/11/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.