車売る ガソリン|軽自動車を手放す事になり

長年使用した自動車を手放す日はいつか来ます。とても悲しい気分になり、だけども次に乗ることになる車が楽しみな気分でもあったりします。2台目として所有していた軽自動車を手放す事になり、乗り換えるのではなく所有台数を抑えて経費を抑えておこうというのが目的ともいえますので、中古車買い取り店にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で買ったので、初回の車検をやってから1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車でもありませんし、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高い査定会社に売りたいものです。ですが私には乗っている車の相場がまったく判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。最初に来てくれた買い取り業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからパソコンを持ち出して、色々と入力しデータ通信されていました。結果は71万円と言われました。こちらの希望額は80万ですから、それをスタッフさんに伝えると社長に聞いてみるのでチョット待ってほしいといわれました。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。他業者では70万あったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではとても難し額ですと撤退されてしまいました。その直後に先に査定してくれたスタッフさんから、78万なら出せますと連絡がありましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

車売る ガソリン|この日本において

珍しいクルマを買い取りに出したら、思わぬ価格で買ってもらえました。予想していた以上にかなり高値で買い取って貰えたのです。馴染みの深い車や人気の車が高値と思っていたのです。ネットで調べてみたところ、そのページの情報では想像できなかったですが、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取るとありました。これ以外のサイトには、馴染みの深い車や人気のあるクルマが高く売れるとあったのです。それは国内ではなく海外輸出向けみたいですね。

日本のクルマは海外では大切に扱われます。日本人が乗っていたという事で、丁寧に乗っているだろうということもその理由のようです。日本人の私は、日本の車は世界レベル以上と信頼を置いています。買い取ってもらった自動車も日本のメーカーですが、もしかすると外国に持って行くのかもしれないと思うと楽しさが膨らみます。もちろんそれが国内で活かされるのなら嬉しいですね。

車を売却する時は、慣れ親しんだクルマを失う悲しさもありますが、高く売れないかや次の運転手をイメージする楽しさがありますね。可能なら誰が買ったのか知りたいと思います。どこでどんな使い方をされて、何処に留まっているのかなど、考えるとワクワクします。

外国なのかもしれませんが、そこがどこであれ思い出が蘇る気分です。車を売り渡すときには複数の車を売りたいと思っている人がいて、売りと買いのバランスがなっているのでしょう。

この日本において、今後も良質な中古車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.