車売るトラ子|買い取り相場が分からないので

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。とても悲しい気分になり、次に乗る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーとして所有していた自動車を売ることになり、今回は買い替えせずに車の台数を減らすことで経費の節約を図るというのが目的でしたから、買い取り業者にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で買ったので、1回目の車検後1年経過、だいたい4年ということです。走行距離はだいたい40000キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、走行距離としては、多いわけでもありません。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、全て出張査定でお願いしています。このような査定料は無料でした。自動車を買取ってもらうならだれでも、高額の査定をしてくれるところに売りたいものです。でも素人には自分が乗っている自動車の買い取り相場が分からないので、2社に一括でお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、いくつか入力してからデータ通信しています。査定結果は70万円でした。私の希望は80万くらいだったので、それを伝えると上司に相談するので1日待ってほしいとの事です。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、68万円という金額を提示されました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額は80万と言ってみましたが、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。それからしばらくして先に査定してもらった業者から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

車売るトラ子|もう一回出張査定見積もりをやったところ

以前乗っていた車は、ボンネットの目立つ部分がなぜか白くなっていました。濃い色のボディの車だったのですが、その白くなっているのが影響してオンボロ車のように見えてしまうのです。クルマを洗ってみましたが買い取り査定してもらうと、ボディの一部の色が査定価格に影響があると言われました。

カー用品があるお店に行ってボディの色を戻す事は出来ないか見ていた所、艶を出すことができる商品を見つけました。さっそく気になるところをやってみたところ、とてもピカピカになったのです。それを見た人からプロにやってもらったのかと聞かれたほどです。

もう一回出張査定見積もりをやったところ、前回よりも金額がアップしました。年式の古いクルマだったのでどんな結果になるのか心配でしたが、希望よりも高く査定してくれたのでよかったです。無論色についても何か言われることもありませんでした。白っぽく感じた色も前の色に戻すこともできたし、より一層綺麗にすることが出来たのが良かったようです。車買い取りを依頼する時には、ボディを磨いておくなど綺麗にしておかないといけませんね。ボディの輝きが気になるときは、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定見積もり額にも影響あると思います。査定額がアップすることとピカピカにするためのグッズ代と手間を考えてみて、得な気がしたらきれいにするのも良いでしょう。今回は1,000円くらいの出費で、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.