車売るなら アップル|見積もりをしてもらいました

長い年月使用した車を売ってしまうときが来ます。もの悲しい気分にもなり、でも次の車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーだった軽を売ることになり、買い替えせずに所有台数を抑えて経費節減をするというのが目的ともいえますので、買い取り専門店にだけ見積もりをしてもらいました。新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、つまり4年経過ですね。走った距離は約4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的な走行距離です。車の買い取り見積もりは1社では不安なので2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。出張査定でも無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高く見積もってくれるところに売却したいものです。ですが素人には今の車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比べてみたいなと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定をする方が車を一通り確認したのち持ってきたパソコンで、いろいろな項目に入力しデータ通信されていました。結果は71万円と言われました。私の希望は80万くらいだったので、そのように伝えてみると本社と交渉するので明日返事するとのことでした。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、67万という金額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではかなり厳しいと帰られてしまいました。その後すぐに最初に査定をお願いした会社から、78万円でどうですかと連絡が来たので、喜んでOK出しました。

車売るなら アップル|手間がかかりません

私のいるところは辺鄙な所で、車買い取りだけをしている業者さんはいません。買い取ってくれるのは、ディーラーか中古車を販売しているお店です。

5年程度使った愛車を売ってしまったときは、どこでも同じだろうと地元で査定してもらいました。その結果、大事に乗ってきた車なのに30万円ほどの査定金額に愕然としました。

そこで以前、ネットを使って査定サイトで試しに見積もってもらうことにしたところ、想定以上の値段で買ってもらえました。ネットの一括査定の依頼で来てもらうことになった2社は、すべてが広告やテレビなどで名の売れた中古車買い取りの業者さんでした。所用があったため、午前と午後に分けて実車査定をしてもらったのです。

午後からの業者さんはさわやかな方で、この車のこのカラーを欲しい人がいるのでぜひ買い取らせてもらいたいとおっしゃいました。気になる査定額は40万円と10万程度のアップでしたから、その業者さんに引き取ってもらおうと決めたのです。その業者さんは出来る方みたいで、運転手2名でやってきていたのでその場で手続きをして持っていきました。

遠くだと手間がかかると思っていたのですが、地元で手続きするよりも手間がかかりません。それから、手続きなどはみんなやってもらうことができ、相場以上となる40万となり、ネットで査定を依頼してとてもラッキーでした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.