車売るならどこがよい|探していたところ

今回売却した自動車は昨年末に中古で買ったクルマです。以前から外国産の車に乗ってみたいと思いましたが、新車は高すぎて買えません。そこで質の良い中古車を探していたところ、職場の近くにある中古車販売店にあったのです。ところが、楽しく乗れたのも少しだけで、あれもこれもと故障がでてしまい、購入から半年ほどで売却することにしました。近くにあるクルマ買い取り専門店に無料査定をお願いしましたところ、最大限頑張っても20万円が相場だそうです。

私は半年前にその車を70万出して買いました。これを計算すると、半年間で約50万も消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった知名度のある買い取り店に査定の依頼をしました。査定の結果としては、26万円で買い取ってもらえました。複数業者の査定では6万円の差がありました。

それでも44万円減ったことには変わりはありませんが、2社で査定しなかったら、6万円損した感じで売却することになっていたかもしれないのですから助かりました。

そのまま持って行ってもらうつもりだったのですが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを持って帰るような準備をしていなかったようです。そんなこともあり、後日来られたときには輸送賃がかかってしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、はじめからそう言っておけば良かったと思い直しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも忘れないようにします。

車売るならどこがよい|馴染みの深い車や

珍しい車を買い取りに出したら、予想以上の高値で買い取ってもらえました。予想していた以上にかなり高く売却できました。馴染みの深い車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。ネットでチェックしたところ、そこの情報では想像できなかったですが、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取るとありました。他の情報では、認知度が高い車や人気の車種が高く売却できるとあったのです。それは海外輸出向けみたいですね。

今日本の車は海外では人気が高いです。日本人が乗っていたという事で、丁寧に乗っているだろうということも関係あるのではないでしょうか。日本人の私は、日本の車は世界レベル以上と絶大な信頼を置いています。今回売った車も国産車ですが、これはもしかすると外国に持って行くのかもしれないと思うとドキドキした感じになりました。もちろん国内で利用されるのであればうれしいですね。

車を売却する時は、乗り慣れたマイカーを手放すときの寂しさがありますが、買い取り価格のことや次の運転手を想像する楽しさがあります。もしかなうのならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな所で普段待機しているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

外国なのかもしれませんが、どこであっても我が子の旅立ちを思う気分です。車を渡す時には中古車を買いたいと思うお客さんがいて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんだなと思いました。

この日本において、今後も良質な中古車が求める方々に譲られて行くでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.