車売るならくるまさん|チョット待ってほしいといわれました

長い年月使用した車を売ってしまうときが来ます。寂しい気持ちになり、でも次の車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて車の台数を減らすことで経費節減をするというのが目的ともいえますので、買い取り専門店にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で購入しましたので、49か月目ですから、新車登録から約4年です。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、よく走っているとは思いますが、平均的な走行距離です。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいものです。ただ素人の私にはこの車の相場がまったく判らないので、2社に一括でお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較してみようと思いました。最初に来てもらった会社は、査定をする方が車を一通り確認したのちタブレット端末で、いろいろな項目に入力しデータ通信しています。結果は71万円と言われました。希望していた額は80万以上でしたので、それを伝えると本社の許可がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、67万という金額でした。他では70万以上の査定額だったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、当社ではとても難し額ですと苦笑いしていました。その後すぐに最初に査定をお願いした会社から、78万でどう?と連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

車売るならくるまさん|もう一回査定を受けた所

これまで乗っていたクルマは、ボンネットの目立つ部分がなぜか白くなっていました。濃い色の車だったのですが、その白くなっているのが影響してボロボロの中古車に見えていました。一応洗っては見ましたが買い取り査定してもらうと、ボンネットの白さが査定価格に影響すると聞きました。

カーショップに行って何とかボディの色を戻せるものはないかなと探していたら、手軽に艶が出るようなグッズを見つけることができました。すぐにそれを使ってみたところ、とてもピカピカになったのです。それを見た人からプロにやってもらったのかと言われました。

もう一回査定を受けた所、前回よりも査定額がアップしました。古い車だったのでどうなるのかと思っていましたが、考えていたよりも高く見てもらえたので嬉しかったです。ボディの色なども影響はなかったようです。白くなりかけていたところも基の色に近づけることができ、今まで以上につややかにする事ができたのが何よりよかったです。

クルマの査定を受ける前には、ボディを磨いておくなど綺麗にしておきたいですね。ボディの輝きが気になるときは、ワックスで磨いておくだけでも相場以上の査定になるかもしれません。査定額のアップとピカピカにするためのワックスなどの費用とを計算してみて、得な気がしたらきれいにするのも良いでしょう。私の場合は1000円弱の出費によって、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/22 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.