車売るならいつ|乗り続けてきたマイカーを

乗り続けてきたマイカーを、車検のまえに売却することになりました。乗り慣れすぎたというのもあって、別の車を運転してみたいというような感覚が湧いてきたのです。

これまでとは違い、最近の流行は低燃費車ですから燃料代もコストが抑えられます。出来れば高値で買い取って欲しい、そういった思いが艶かったので、高く買ってくれると評判の業者を調べました。すると無料の査定比較サイトを使った後で、売却を決めている方の多くが、売却した額に満足されているようなんです。

これまでならば、近くの買い取り業者に、査定をお願いするという形が普通でした。しかしそれだけでは、算出された査定金額というものが世間相場と比較してどうなのか、素人には判断しようがありません。でも比較サイトを活用すれば、厳選された業者のなかから高額査定をしてくれた専門店に車買い取りを依頼出来るというメリットがあります。そこで私も、車種や年式や色などを入力して一括の査定を依頼してみたところ、目が飛び出るような査定額がつけられたので、びっくりぽんです。すぐに業者に連絡して尋ねてみたところ、クイック査定で表示された金額とまず変わらない値段で買い取ってもらえました。比較サイトを使ってなければ、そう考えてしまうと背筋がスッとするような感覚です。私の場合、想像できなかった高値で引き取ってもらったので最高です。いきなり車の売却というと、拒否反応を示す方も多くいると思われますので、まずは世間相場を調べてみるような気持ちで始めてみるのも良いでしょう。

車売るならいつ|単純に計算すると

売却した車は少し前に中古で買った車でした。4輪駆動の自動車に乗りたいと思ってましたが、新車は高すぎて買えません。そこで良い中古車はないかと近くで探しましたが見つからず、遠方にある知り合いの中古車販売店で良い車を見つけました。

ですが、乗って楽しかったのは少々、あれもこれもと故障がでてしまい、とうとう半年で手放すことになりました。まずは近隣のクルマ買い取り専門店に持ち込み査定してもらったら、最大限頑張っても相場以下の20万円らしいです。

私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。単純に計算すると、半年で50万円も失ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた人気の買い取り業者に査定してもらいました。その結果、26万でしたので買い取ってもらうことができました。地元と大手とでは6万の価格差がありました。

それでも44万減った事実に変わりはありませんが、別の業者で査定をしなければ、6万円損した感じで手放すことになった可能性があったのですから助けられたとも言えます。

そのまま持って行ってもらうつもりでしたが、査定のみのつもりだったみたいで、車をもっていくような感じではありませんでした。その為、後日来られたときには輸送代を取られてしまいました。もしもホントに売るつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと後悔しています。次に利用する時は、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.