車下取り 車売却|70万出して買いました

今回車買い取りをしてもらった車は1年ほど前に買った中古車です。4輪駆動の自動車に乗りたいと思っていたのですが、新車はとても無理でした。そのため中古で良質な車を探していたところ、少し離れたところにある中古車屋さんで見つかりました。

ところが、楽しく乗れたのも少しだけで、あれもこれもと故障がでてしまい、とうとう半年で売ってしまうことになりました。試しに自宅の近くにある車買い取りショップに査定見積もりをお願いしたところ、多めに見積もっても20万とのことです。

この自動車は半年前に70万出して買いました。この状況を端的に言えば、半年50万程度も資産が減ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、友人が売っていた有名な買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。その結果、26万となりましたので買い取っていただきました。地元と大手とでは6万円の差になったみたいです。それでも44万円目減りしたことには違いはありませんが、別の業者で査定をしなければ、6万円低い額で売ってしまうことになっていたかもしれないのですから助かったともいえます。

そのまま買い取ってもらうと思っていましたが、査定だけと思われていたようで、クルマを持って帰るような準備をしていなかったようです。その為、後日取りに来てもらうため別途輸送費がかかってしまいました。もしも売るつもりならば、最初に言っておくべきだったと思い直しています。今度利用する場合には、そのことも覚えておこうと思います。

車下取り 車売却|これはもしかすると

珍しいクルマを売りに出したら、なぜか高額査定となり買い取って貰えました。考えていた以上でかなり高額で売れたのです。認知度が高いクルマや人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで調べてみたところ、そこの情報ではその通りで、珍車は高額になりやすく買い取ってくれやすいとありました。しかしある情報では予測通り、よく見かけるような車や人気の車が高値で買い取ってもらえるそうです。それは国内ではなく特に海外においてという話でした。

国産メーカーの自動車は海外で特に高い需要があります。日本人の特徴でもある、大切に扱う習慣もその理由のようです。私が思うに、日本の自動車は世界レベルと言い切れます。

今回売却したクルマも国産車ですが、これはもしかすると外国で使ってもらえるのかもと思ってみるとワクワクした気持ちになりました。海外でなくても良いので利用されるのであればうれしいですね。

クルマを売ってしまうときは、乗ってきた車を手放す寂しさもあるのですが、買い取り価格のことや次の乗り手をイメージする楽しさがありますね。もしかなうのなら誰が買ったのか知りたいと思います。そして今どこで活躍していて、どんな場所で毎日いるのかなど、車買い取りの後もよく考えます。外国なのかもしれませんが、そこがどこであれ我が子の旅立ちを思う気分です。車を売り渡すときには中古車を買いたいと思うお客さんがいて、需要と供給がバランスよくなっているんだなと思いました。

素敵な日本で、今後も自動車が求めている人に渡っていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/13 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.