車下取り 査定|ものを大切にする習慣も

あまり出回っていない珍車を売却したら、予想以上の高値で買ってもらえました。予想していた以上にかなり高く売却できました。馴染みの深い車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。

ネットで調べたところ、そのページに書かれていた内容ではその予測に反した通りで、珍しい車は高値で買い取ってくれるとありました。他の情報では、売れている自動車や人気車種などが高額で売れるとあったのです。但しその理由は海外輸出向けみたいですね。

日本のクルマは海外で高い需要があるようです。日本人の特徴でもある、ものを大切にする習慣も影響しているようです。日本人の私は、日本のクルマは世界で一番と思っています。

今回売った車も日本のメーカーですが、想像すると海外で使って貰えるのかもしれないと考えるとドキドキした感じになりました。もちろん国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。車買い取りの際は、乗り慣れた車を手放すときの寂しさがありますが、買い取り額がいくらになるのかや新たなオーナーを想像する楽しさがあります。叶うなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな所で普段待機しているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

海外か国内かもわかりませんが、どこであっても子供の旅立ちのような感じです。自動車を手放すときには中古車を購入したいと思うお客さんがいて、需要と供給がバランスよく上手く取れているものと思いました。

この日本において、これからもまだ使える車が求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しかった出来事です。

車下取り 査定|半年50万程度も

今回売ったクルマなのですが昨年の暮れに中古で買った車でした。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたかったのですが、新車では高くて手が出ません。そのため中古で良質な車を探していたところ、少し離れたところにある中古車販売店で良い車を見つけました。

ところが、喜んで乗っていたのですが、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年にも満たないほどで手放すことになりました。まずは近隣の中古車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、よくて20万が上限とのことです。このクルマを私は6カ月前に購入したとき70万円支払いました。この状況を端的に言えば、半年50万程度も失ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった人気の買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定の結果としては、26万円となり引き取ってもらうことになりました。わずか2社の比較でしたが6万の差が生まれるようです。それでも44万円目減りしたことには違いはありませんが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万以上安く手放すことになっていたかもと思えば助かったともいえます。そのまま引き取ってもらうつもりだったのですが、業者さんは査定のみと考えていたようで、車を持って行く準備をしていませんでした。そんなこともあり、後日の引き取り時に輸送費を引かれてしまいました。本当に売却したいのなら、はじめからそう言っておけば良かったと反省しています。今度利用する場合には、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.