車下取り 札幌|新車で買ったので

これまで使っていた自動車を手放さないといけない時があります。寂しい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた軽を売ることになり、買い替えせずに車の台数を減らすことでコストダウンを図るのが目的でもあったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もり査定をお願いしました。

新車で買ったので、車検を1回と1年だから、新車登録から約4年です。走行距離は50,000キロ弱、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、多いわけでもありません。買い取り査定は2社にお願いし、出張査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

車を買い取ってもらうなら、少しでも査定金額の高い会社にお願いしたいと思うでしょう。でも素人には乗っている車の買い取り相場というのが分からないので、2社に一括でお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較することにしました。最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が自動車を見てからノート型のパソコンを使って、いろいろな項目に入力し通信をしていたようです。査定結果は70万ちょっと。私の希望は80万くらいだったので、それを伝えると会社の承認がいるので1日お待ちくださいとのこと。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、66万円という査定額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。その後すぐに最初に査定をお願いした会社から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、そこで決めました。

車下取り 札幌|平和な日本ではこれからも質の良いクルマたちが

珍しいクルマを売りに出したら、予想以上の高値で買い取ってくれました。予想していた以上に高額査定にはビックリです。馴染みの深い車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そのページに書かれていた内容では意外でしたが、珍しいクルマは高く買い取ってくれやすいとありました。他のページもチェックしてみると、認知度が高い車や人気車種などが高額で売れるとあったのです。それは海外向けとのことでした。

日本の自動車は海外で喜ばれます。日本人特有の、大切に扱う習慣も影響しているようです。私は日本で生まれましたが、日本の自動車は世界レベルと言い切れます。今回売却したクルマも国産車ですが、もしかして外国で使ってもらえるのかもしれないと思うとドキドキした感じになりました。もちろんそれが国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れた車を失う悲しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかや次の乗り手を妄想する楽しさもあります。もしかなうのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこを走り、どんな所で普段待機しているのかなど、売った後も考えるのです。もしかすると海外かもしれず、いづれにせよ大切な記憶がぶり返してきます。車を渡す時には複数の車を売りたいとする次のオーナーもいて、欲しいと不要がバランスよく取れているんだなと思いました。

平和な日本では、これからも質の良いクルマたちが必要としている人に渡っていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.