車下取り 勘定科目|新しいクルマに乗りたい

長年乗り続けた愛車を、車検のまえに思い切って売ることになりました。若干飽きていたのに加え、新しいクルマに乗りたいというような感覚が強くなってきたからです。

これまでに比べて、最近は車の燃費も良くなっていて燃料代もコストが抑えられます。手放す車は高く買い取ってほしい、そう思っていたので、高く買ってくれると評判の業者を調べました。するとネットの査定比較サイトを使ってから、実際に車を買い取って貰った方の殆どが、その査定額に満足されているようなんです。

いままでは、近くの買い取り業者に、査定してもらうケースというの標準的だと思っていました。しかしそれでは、算定された見積もり査定額が世間相場と比較してどうなのか、車業界にいない私には判断できません。比較サイトを活用した場合、近くの業者の中から最も高い金額をつけてくれた業者に買い取りの依頼ができるといったメリットがあるのです。

それを知った私は、車種やボディカラーなど入力して査定をしてもらうよう依頼したところ、腰が抜けるような高額査定だったので、ビックリというほかありません。直ちに連絡して出張してもらって聞いてみたところ、ネットで提示された額と殆ど変わらない金額で買い取ってもらえることになりました。一括査定サイトを活用しなければ、そう思っただけでも冷や汗が出るくらいです。

私の場合ですが、想像していなかった金額で売却できたので嬉しかったです。いきなり売却というのも、不安感がある方も多くいると思われますので、愛車の相場をチェックしてみるところから始めてみるのも良いでしょう。

車下取り 勘定科目|大手で査定してもらわなければ

今回売ったクルマなのですが昨年の暮れに中古で買った車でした。ずっとスポーツタイプの車に憧れていたのですが、新車では高くて手が出ません。そこで質の良い中古車を近くで探しましたが見つからず、職場の近くにある中古車販売店で良い車を見つけました。ところが、楽しく乗れたのも少しだけで、立て続けにトラブルが発生し、半年少々で売却することにしました。まずは近隣の車買い取りショップに無料査定をお願いしましたところ、最大限頑張っても20万円にしかならないというのです。

私はこの車を半年前に約70万で購入したのです。これを計算すると、約50万円を半年で財産が目減りしたことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった有名な買い取り専門店に査定してもらったのです。査定見積もりしてもらった結果は、26万でしたので買い取ってもらうことができたのです。地元と大手とでは6万円の差がありました。しかし44万円のマイナスには変わりないのですが、大手で査定してもらわなければ、6万円損した感じで売却することになったかもと思うとまだ助かったと言えます。

そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、自動車を運ぶような感じではありませんでした。そのため、後日取りに来てもらうため輸送代を取られてしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと少し後悔しています。次回があれば、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.