車下取り 一括査定|見積もりをしてもらいました

長いこと使ったクルマを手放す日はいつか来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に乗る車が楽しみという気分でもあるでしょう。2台目として所有していた軽を売ることになり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らして経費の節約を図るというのが目標だったので、クルマの買い取り専門店に見積もりをしてもらいました。

新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり4年経過ですね。走行距離は50,000キロ弱、1年で1万キロ走行ですから、特に多いわけでもありませんし、平均的な走行距離です。自動車の査定は1社では不安なので2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。出張査定でも無料でした。車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社に売却したいものです。ですが私には今の車の相場がまったく判らないので、今回2つの会社にお願いし、見積もりを出してもらい比べてみることにしました。最初に来た買い取り会社は、スタッフさんが車の状況を確認してから持ってきたパソコンで、チェック項目に入力していってネット通信していました。査定結果は70万ちょっと。希望していた額は80万以上でしたので、それをスタッフさんに伝えると会社の承認がいるので明日返事するとのことでした。翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではかなり厳しいとバンザイされてしまいました。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

車下取り 一括査定|そのページに書かれていた内容では

珍しい車を買い取りに出したら、予想以上の高値で買い取ってもらえました。思っていたよりもかなり高額で売れたのです。認知度が高いクルマや人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで確認したところ、そのページに書かれていた内容では想像できなかったですが、珍車は高額になりやすく買い取ってくれやすいとありました。他の情報では、認知度が高い車や人気の車が高値で買い取ってもらえるとありました。それは国内ではなく海外輸出向けみたいですね。日本のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人特有の、丁寧に乗っているだろうということも関係あるのではないでしょうか。私は日本で生まれましたが、日本の車は世界一と信頼を置いています。今回売却したクルマも国産メーカーの車ですが、これはもしかすると外国で使ってもらえるのかもしれないと思うとドキドキした感じになりました。もちろんそれが国内で使って貰っても嬉しいです。

車を売却する時は、そのクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、どんな査定がされるのかや次の運転手を思い浮かべるのも好きです。もしかなうのならどなたに譲られたのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、何処に留まっているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。もしかして外国かもしれませんが、そこがどこであれ子供の旅立ちのような感じです。自動車を手放すときには中古車を買いたいと思うお客さんがいて、買いと売りがバランスよく上手く取れているものと思いました。

この日本において、今後も良質な中古車が求めている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.