車下取り必要書類|明日返事するとのことでした

これまで使っていた自動車を手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、次に来る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた軽を売ることになり、今回は入れ替えではなくて台数をへらしてコストを減らそうというのが目的だったので、買い取り専門店にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で買ったので、初回の車検をやってから1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、年間1万キロ程度なので、特に多いわけでもありませんし、普通の走行距離だと思います。クルマの買い取り査定は2社に絞ってお願いし、すべて出張査定を依頼しました。出張査定でも無料でした。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高い査定会社に売却したいものです。ですが素人には自分の乗っていた自動車の相場というのが判らないので、2社にお願いすることにし、それぞれ査定額を出してもらい比較することにしました。

始めに来た業者は、担当者がクルマの状況を確認してからパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していってデータ通信されていました。査定結果は70万ちょっと。希望していた額は80万以上でしたので、そのように伝えてみると社長に聞いてみるので明日返事するとのことでした。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、67万という金額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、なかなか難しそうな感じで白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初の査定をしてくれた人から、78万円でどうですかと連絡が来たので、そちらで買ってもらうことにしました。

車下取り必要書類|ボンネットの目立つ部分が

前に乗っていた車は、ボンネットの目立つ部分が薄白く見えていました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白くなっているのが影響して安っぽい感じの車に見えていました。一応洗車をして買い取り査定してもらうと、ボンネットのところの色が査定額に響いてしまうそうです。カー用品があるお店に行ってボンネットの白色を戻す事は出来ないか見ていた所、艶を出すことができるグッズを見つけることができました。ボンネットのあの部分にやってみたところ、艶が出ていい感じになりました。それを見た人から買い替えたのかと言われるくらいの仕上がりでした。

再度買い取りしてもらうための査定を受けた所、前回よりも査定額がアップしました。年数も経っている車なのでどうなるのか不安でしたが、思いよりも高く評価されたので良かったです。気にしていたあの部分も何ら指摘される事はありませんでした。白くなってしまっていたところも前の色に戻すこともできたし、今まで以上にピカピカにすることができたのが嬉しかったです。

車買い取りを依頼する時には、ボディを磨いておくなどきれいに見えるようにしておきましょう。ボディの輝きが気になるときは、ワックスを使って綺麗にするだけでも査定金額に影響するかもしれません。査定額のアップとピカピカにするための手間とアイテムの費用とを比較してみて、お得と感じたらやってみるのもアリです。私の場合は1000円弱の出費によって、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.