個人 車売る|2社に絞ってお願いし

長年使用した自動車を手放すことになる日は必ず来ます。もの悲しい気分にもなり、そして次のクルマが楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーだった軽を売ることになり、買い替えせずに台数をへらして経費を抑えておこうというのが目標だったので、中古車買い取り店にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で買ったので、車検を1回と1年だから、つまり4年経過ですね。走行距離は50,000キロ弱、年1万キロペースなので、よく走っているとは思いますが、普通の走行距離だと思います。買い取り査定は2社に絞ってお願いし、すべて出張査定を依頼しました。出張査定でも無料でした。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高い査定会社に売却したいものです。ですが私のような素人には今の車の買い取り相場が分からないので、2社に一括でお願いし、それぞれの査定見積もりを比較してみようと思いました。

先に来た買い取り専門店は、担当者がクルマの状況を確認してからパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力しデータ通信されていました。査定額の結果は71万弱。こちらの希望額は80万ですから、それを伝えると社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、67万という金額でした。他では70万以上の査定額だったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではとても難し額ですとバンザイされてしまいました。その後すぐに先に査定してくれたスタッフさんから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、その業者に売ることにしました。

個人 車売る|のかもと思ってみると

珍しいクルマを買い取りに出したら、思わぬ価格で買ってもらえました。考えていた以上でかなり高額で売れたのです。馴染みの深い車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べたところ、そこの情報ではその予測に反した通りで、珍車は高額になりやすく売れやすいと書いてありました。他の情報では、売れている自動車や人気のあるクルマが高く売れるとあったのです。但しその理由は特に海外においてという話でした。

今日本の車は海外では大切に扱われます。日本人の特徴でもある、丁寧に乗っているだろうということもその理由のようです。日本人の私は、日本のクルマは世界で一番と思っています。今回の買い取り依頼した車も国産の車ですが、もしかすると海外で使われるのかもと思ってみるとドキドキした感じになりました。海外でなくても良いので使用してもらえるのなら嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、そのクルマを手放す悲しさもありますが、買い取り価格のことや新たなオーナーを思い浮かべる楽しさなどがあります。もしも可能なら誰が使っているのか知りたいです。今どこで走っていて、何処に留まっているのかなど、売った後も考えるのです。

どこにあるのかわかりませんが、どこにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを手離すときには複数の車を売りたいとするお客さんもいて、買いと売りがバランスよく上手く取れているものと思いました。豊かな日本において、これからもまだ使える車が欲しい人に譲られていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.