オーストラリア 車売る|もの悲しい気分にもなり

長い年月使用した車を手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、次に来る車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーだった自動車を売ることになり、今回は入れ替えではなくて車の台数を減らすことで経費節減をするというのが目的だったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりを出してもらうようにしました。

この車は新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離はだいたい40000キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車でもありませんし、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料は無料です。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも査定金額の高い会社に売りたいと思うと思います。でも素人には自分が乗っている自動車の査定相場がわかりませんので、2社にお願いすることにし、それぞれの査定見積もりを比べてみたいなと思いました。

最初に来た買い取り会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからタブレット端末で、いろいろな項目に入力し送信していました。査定結果は70万円でした。こちらの希望価格が80万だったので、そのように伝えてみると本社と交渉するので明日返事するとのことでした。その後もう1社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。別会社の査定額が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではとても難し額ですと白旗を挙げられてしまいます。その直後にタイミングよく最初に査定してもらったところから、78万でどう?と連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

オーストラリア 車売る|その通りで珍車は高額になりやすく

珍しい車を買い取りに出したら、想像以上の価格で買い取って貰えました。思った以上で高額査定にはビックリです。みんなが知っている車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。ネットでチェックしたところ、そのページに書かれていた内容ではその通りで、珍車は高額になりやすく売れやすいと書いてありました。他の情報では、よく見かけるような車や人気の車種が高く売れるとあったのです。ただそれは海外輸出向けみたいですね。

日本のクルマは海外では大切に扱われます。日本人が使っていたという、大切に扱う習慣も影響しているようです。私は日本で生まれましたが、日本の中古車は世界一と信頼を置いています。

今回売った車も日本製の車ですが、想像すると海外で活躍するのかもと思うとワクワクした気持ちになりました。もちろん国内で活かされるのなら嬉しいですね。

車買い取りの際は、乗り慣れたマイカーを手放す寂しさもあるのですが、買い取り額がいくらになるのかや次の運転手を想像する楽しさがあります。叶うなら誰が使っているのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所で毎日いるのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、どこにせよ可愛がっていた車なのです。車を渡す時には中古車を買いたいとするお客さんが来ていて、売りと買いのバランスがなっているんだなと思いました。

日本では、今後も自動車が欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/11/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車買い取り専門業者で見積もりを比べる All rights reserved.